奉賛のご案内
【趣意】

津島神社は御祭神に素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀り、疫病災難除の守護神として、天正19年(1591年)ご鎮座と伝える歴史と伝統ある神社です。
縁起によれば、豊臣秀吉の日本統一に抵抗をした葛西大崎両氏が大一揆を起こし佐沼城に篭城した際、秀吉の命で伊達政宗はこれを包囲したものの、沼川深田である佐沼水域の難攻不落に万策尽き、津島神社(北方天形山鎮座、現在は津島本宮社と改称)に戦勝を祈願したところ忽然と白鷺の群れが飛来し沼の浅瀬(現在の鷺橋付近)に降り立ったことで深沼ではないことを知った政宗は篭城軍を一気に攻め城を落とすに至り、慶長19年(1614年)政宗は領主の津田民部景康に城の鎮護を命じて、津島神社を佐沼城下である現在の地に遷座し、城下に今後謀反が起こらぬよう御社殿は佐沼城に向け北向きに建立したと伝わります。
以後佐沼郷(佐沼村、北方村、新田村、藤里村、南方村)の守護神として400余年にわたり氏子の誠を以て護持し、幾度もの修復が重ねられてきましたが、明治45年、佐沼大火にて御社殿を焼失し、大正12年(1923年)11月、立派に再建致したのが現在の御社殿です。
以来、94年の間その都度小破修理等を行い維持管理に努めて参りましたが、近年、御社殿の老朽化も進み、先般の東日本大震災の大きな被害により、大規模な改修工事を要する状況に到ってしまいました。
このような状況につき、茲に「津島神社奉賛会」を組織し、御社殿修築工事計画に着手致したいと存じます。
先人が地域の氏神様として信仰一途に建立した御社殿を、建築100年を迎える令和5年の竣工に向け立派に修築し、後の世代の心のよりどころとして語り継ぎ、引き継いでいかなければならないものと存じます。
何卒、本事業の趣旨にご賛同を賜り、氏子崇敬者皆様による心からのご奉賛を伏してお願い申し上げます。

津島神社    宮司 遠藤 諭
津島神社奉賛会 会長 阿部泰彦

【事業内容】
1. 概  要 総面積      88,354㎡(26.72坪)

本殿(修築)   7,799㎡(2.36坪)
幣殿(新築)   35,685㎡(10.80坪)
拝殿(修築)   44,870㎡(13.58坪)
他、地盤改良・基礎工事・石垣新設工事
2. 工  期 令和3年4月着工
令和4年11月完工
【募金要項】
お申込み 1口 10,000円よりお願い申し上げます。
※ ご支援は3口以上でお願いします。

指定寄付金の場合は所得税が控除になります。詳しくは津島神社受付までお願いします。

東日本大震災による被害のあった箇所の一部

昭和初期の津島神社境内の様子

指定寄附金のご案内
■ 指定寄付金について

平成30年3月より津島神社に指定寄附金制度が適用されました。
指定寄附金制度とは、寄附者に対して税制上の優遇措置が受けられる寄附の制度です。

指定寄付金の税制上の優遇措置について
 国では、東日本大震災で被害のあった宗教法人の建物等復旧の為の募金を特例として
 指定寄付金の対象とすることになりました。

 ・個人の場合 所得額の40%または寄付金額のいずれか少ない方の金額から2,000円を引いた金額が
        所得から控除されます。
 ・法人の場合 寄付金の全額を損金に算入できます。

■ 指定寄附金の募集について

募集範囲
 氏子、一般、法人を問わず広く募集いたします。

募集法人
 宗教法人 津島神社 代表役員 遠藤 諭
 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼147
 電話/FAX 0220-22-4804

募集期間
 平成31年3月19日〜令和4年3月18日

募集金額(目標金額)
 107,000,000円

寄附金の受け入れ
 寄附金は下記の口座への振り込みにより募集いたします。
   仙北信用組合 迫支店 普通預金 1149126
   宗教法人津島神社 代表役員 遠藤 諭

その他
 指定寄附金制度を利用される方は、申告の際に主務官庁発行の「確認書の写し」及び
 当法人の「受領書」の添付が義務付けられております。
 詳しくは社務所まで、お問い合わせください。

津島神社奉賛会

〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼147番地
電話・FAX 0220-22-4804